忘れ物のご案内

野辺山シクロクロス2014、たくさんのご参加ありがとうございました。
雨と泥のレースで、例年よりも忘れ物が多く会場に残されておりました。

下記に写真を掲出します。
心当たりの方は、 このフォームより必要事項を記入のうえご送信ください。
着払いにて発送致します。

IMG_0127

IMG_4916

IMG_5576

IMG_6025

IMG_6712

IMG_8715

IMG_8942

IMG_8943

IMG_8945

IMG_8947

IMG_8948

IMG_8951

IMG_8952

IMG_8953

IMG_9326

unnamed-1
ポンプヘッドはヒラメ。

以上、おこころあたりのある方はお忘れ物フォームよりご送信ください。よろしくお願いします。

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2014 | コメントは受け付けていません。

大会2日間のフォトギャラリーを公開します

雨に始まり、泥に終わった野辺山シクロクロス。大会オフィシャルフォトグラファー辻啓が撮影したフォトギャラリーを紹介します。スライドショーもしくはリンクからご覧下さい。


DAY1 土曜日

DAY1 土曜日のフォトギャラリーへ→https://www.flickr.com/photos/57156509@N03/sets/72157649134183169/


DAY2 日曜日

DAY2 日曜日のフォトギャラリーへ→https://www.flickr.com/photos/57156509@N03/sets/72157649134217987/


Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2014 | コメントは受け付けていません。

野辺山シクロクロス2014 Day2 リザルト

お待たせいたしました。野辺山シクロクロス2014、2日目のリザルトを掲載いたします。

野辺山CX Day2 リザルト / Day2 Result(PDF)

※昇格対象者およびCL3/小学生カテゴリを掲載しました。(2014/12/01 18:52)

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2014 | コメントは受け付けていません。

UCI 男子エリートリザルト&レースレポート(30日)

イタリア3色に染まった野辺山シクロクロス2014。大会2日目の最後を飾るUCIエリート男子レースはまたしても、イタリアU23ナショナルチャンピオンの手に落ちました。ワールドクラスの強さに、夕暮れの会場がシビれました。

80名の出走があったUCIエリート男子は、前日同様、ジョエーレ・ベルトリーニ(セライタリア・グエルチョッティ)が先頭に立ち、それをザック・マクドナルド(Cyclocross Project2015)が追う展開。

unnamed-4

unnamed-3

この日のサプライズは前日2位のティム・ジョンソン(Cannondale/Cyclocrossworld.com)のリタイヤ。昨日のザックに替わり、海外来日選手に野辺山の泥が牙を剥いた格好に。一方のザックは懸命に追うもののベルトリーニの背中は終に届かず。

イタリア3色が観客とハイタッチで通り過ぎて行った後方では、前日同様に山本和弘(弱虫ペダルシクロクロスチーム)と竹之内 悠(ベランクラシック・ドルチーニ)が3位の座を争う激しいバトル。これを制したのは前日同様に山本カズ。全日本選手権に向け地力を見せつけました。

unnamed-6

unnamed-5

ヨーロッパとアメリカ、それぞれのレベルの高さが浮き彫りとなった今年の野辺山シクロクロス。しかしこのレースを走った全ての選手がヒーローだった2日間。来場者と選手とが作り上げた、濃密な2日間が幕を閉じました。

UCI MENリザルト上位3名(2014年11月30日)
1位 ジョエーレ・ベルトリーニ(セライタリア・グエルチョッティ) 00:59:21
2位 ザック・マクドナルド(Cyclocross Project2015)      +00:48
3位 山本和弘(弱虫ペダルシクロクロスチーム)           +01:06

Rapha野辺山高原シクロクロスレース2014 UCI ELITE MENリザルト 11月30日(pdf)

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2014 | コメントは受け付けていません。

UCI 女子エリートリザルト&レースレポート(30日)

迎えた2日目。初日に圧倒的な力を見せたアリチェ・アルツッフィ(セライタリア・グエルチョッティ)にどこまで日本人選手たちが食い下がれるかが注目されたこの日、軍配は全日本チャンピオンに上がりました。

昨日と一転して好天のもと行われた野辺山シクロクロス2014。女子レースには16名が出走し、前日と同様アルツッフィがリードを稼ぎ出す展開に。

unnamed-1

その後方では豊岡英子(パナソニックレディース)と宮内佐季子(TEAM CHAINRING)による一進一退の激しい攻防が繰り広げられ、 さらがらプレ全日本選手権の様相。

危なげない走りに、観る者がつい「速えぇ」と口をついてしまうほどのスピードを見せたアルツッフィが2連勝を飾りました。2位争いは、全日本チャンピオンの宮内選手が先行して先着。昨日とは逆の順位で2日間を終えました。

unnamed-0

UCI WOMENリザルト上位3名(2014年11月30日)
1位 アリチェ・アルツッフィ(セライタリア・グエルチョッティ) 00:44:57
2位 宮内佐季子(TEAM CHAINRING)               +2:24
3位 豊岡英子(パナソニックレディース)             +3:59

Rapha野辺山高原シクロクロスレース2014 UCI WOMENリザルト 11月30日(pdf)

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2014 | コメントは受け付けていません。

野辺山シクロクロス2014 day1 リザルト : Day 1 Result

野辺山シクロクロス2014、第1日のリザルトを掲載します。

  • C3 A/B については計測の関係上最終順位のみの発表となります。
  • シングルスピードについては申込みページにてお知らせしているとおり第3位までの順位を掲載しています。

野辺山シクロクロス2014 第1日リザルト/ Day1 Result(PDF)

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2014 | コメントは受け付けていません。

UCI 男子エリートリザルト&レースレポート(29日)

女子レースの白熱をそのままに、71名がスタートラインについた男子エリートレース。イタリア、アメリカ、日本と強豪が揃ったレースに注目が集まりました。

KEI55615

重馬場となったレースで最初に飛び出したのはザック・マクドナルド(Cyclocross Project2015)。これに反応したのは全日本チャンピオンの竹之内 悠(ベランクラシック・ドルチーニ)。しかしマクドナルドを追い上げたのは、白地に赤のジャージではなく赤白緑のイタリアチャンピオンジャージ。前週のマキノを制したジョエーレ・ベルトリーニ(セライタリア・グエルチョッティ)が2周目に入る頃には先頭に躍り出ます。

KEI55843

KEI55667

KEIX4487

KEI55892

スタートで出遅れたアメリカのシクロクロススター、ティム・ジョンソン(Cannondale/Cyclocrossworld.com)がじわじわと順位を上げる中、マクドナルドが2度のメカトラブルでレースを離脱。レースはベルトリーニとジョンソンの争いに。

竹之内と小坂 光(宇都宮ブリッツェン)のコンビは離され、3番手に上がってきたのは山本和弘(弱虫ペダルシクロクロスチーム)。ジョンソンは一時14秒までベルトリーニとの差を縮めるが、踏み直したベルトリーニが追いつくことを許さず。最終的に41秒の差をつけて優勝。野辺山シクロクロス2014の初日、男女でイタリアのナショナルチャンピオンが勝利を飾りました。

unnamed-2

泥まみれのレースで、フルラップ完走者は12名というサバイバルレースに。ゴール後、選手たちは立っていられないほどの追い込んだ様子に、歓声と賞賛の声が上がりました。

UCI MENリザルト上位3名(2014年11月29日)
1位 ジョエーレ・ベルトリーニ(セライタリア・グエルチョッティ) 01:01:04
2位 ティム・ジョンソン(Cannondale/Cyclocrossworld.com)   +00:41
3位 山本和弘(弱虫ペダルシクロクロスチーム)           +02:09

Rapha野辺山高原シクロクロスレース2014 UCI ELITE MENリザルト 11月29日(pdf)(※2014/12/01 修正)

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2014 | コメントは受け付けていません。

UCI 女子エリートリザルト&レースレポート(29日)

午前中に降りつけた雨がコースを野辺山シクロクロス史上最高のマッドコンディションにした2014年野辺山シクロクロス。UCI、国際自転車競技連盟基準のレースのオープニングとなる女子エリートは、日本を代表する選手と招待選手のU23イタリアナショナルチャンピオンが相見えました。

KEIX3224

スタートから飛び出したのはイタリア3色のトリコローレをまとうアリチェ・アルツッフィ(セライタリア・グエルチョッティ)。前週のマキノでの独走勝利を彷彿とさせる飛び出しでぐんぐんと後続との差を広げていきます。追うのは豊岡英子(パナソニックレディース)と宮内佐季子(TEAM CHAINRING)の両名。

KEIX3393

unnamed-4

KEIX3297

泥の路面をまったく苦にせず突き進んだアルツッフィはその差を開き続け、最終的には2位の豊岡選手に3分差を圧倒ぶり。ゴールではバイクを高々と掲げるパフォーマンスを見せて勝利を飾りました。3位には宮内選手が入っています。

UCI WOMENリザルト上位3名(2014年11月29日)
1位 アリチェ・アルツッフィ(セライタリア・グエルチョッティ) 00:45:37
2位 豊岡英子(パナソニックレディース)             +3:00
3位 宮内佐季子(TEAM CHAINRING)              +3:59

Rapha野辺山高原シクロクロスレース2014 UCI WOMENリザルト 11月29日(pdf)

Arzuffi

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2014 | コメントは受け付けていません。

会場の設営完了!コースの注目ポイントを写真でご覧下さい

map_nobeyama_2014_outline野辺山シクロクロス開催を翌日に控えた11月28日(金)、滝沢牧場の特設周回コースが完成。招待選手や熱心な参加者たちが早速コースに繰り出し、レイアウトや”仕掛け”をチェックしました。事前に試走出来ない参加者のために、ここでコースの注目ポイントをチェックしておきましょう(各写真をクリックすると拡大でご覧頂けます)。

なお、29日(土)は7時30分〜9時と12時05分〜12時45分、30日(日)は7時〜7時50分と12時05分〜12時45分にコースを試走可能。スケジュールに関しては変更の可能性がありますので、当日のコミュニケボードを必ず確認して下さい。


No.1 舗装路スタート

nobeyama2014course012014年大会の大きなトピックは何と言ってもスタート地点が滝沢牧場の表の舗装路に移動したこと!交通規制された一般道にスタートラインが引かれています。幅6mの舗装路に作られたスタートグリッドはUCIルールに則って計8つ(幅75cm)。各レースのスタート10分前までに必ずスタート地点にお集まり下さい。

続きを読む

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2014 | コメントは受け付けていません。

野辺山シクロクロス直前、便利リンク集で情報をおさらい!

・駐車のご案内
両日とも6時から駐車場オープンになります。それ以前の駐車はできませんのでご注意ください。
駐車場所・時間などの詳細をチェックください。

・野辺山シクロクロス直前インフォ
気温や、マストアイテム、輪行案内などなど。

・佐久甲州街道の交通規制について
29日(土)21:00〜30日(日)6:00まで、国道141号の佐久側が工事により通行止めになります。迂回路があるので佐久側から来る方は要確認です。

・野辺山シクロクロスオリジナルグッズのご案内
泥Tシャツとカウベル!

・出展ブースのご案内その1
・出展ブースのご案内その2

・ぜひ味わいたい野辺山シクロクロスのグルメ特集!

・UCIレースのエントリーリスト
トップレーサーたちがズラリ。

・その他のカテゴリのエントリーリスト
たくさんのご参加、ありがとうございます!

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2014 | コメントは受け付けていません。