UCI 女子エリートリザルト&レースレポート(29日)

女子エリートレースは再びリサ・ジェイコブス(ラファ・フォーカス)の独走劇に。粘り強く追走した今井美穂(CycleClub.jp)を振り切ったジェイコブスが2日連続で勝利を収めました。

HP_NOBEYAMA18

HP_NOBEYAMA19

「序盤はイージーペースで走ろうと思っていたけど、彼女が速くて最初から最後まで全く油断できなかった。引き離そうとしたものの、泥のセクションでは逆に彼女が速くて差を詰められた」。ジェイコブスが言う「彼女」とは、1周目から後ろにぴったりと付いた今井美穂のこと。

やがて舗装路でジェイコブスのパワーが光り、今井とのタイム差が拡大。「昨日はタイヤの空気圧22〜23psi(1.52〜1.59bar)で、今日は泥を考慮して19〜20psi(1.31〜1.38bar)で走った」というジェイコブスが単独先頭に躍り出ます。

HP_NOBEYAMA20

HP_NOBEYAMA21

HP_NOBEYAMA23

「今日はミスなく行こうと思っていたんですが、とにかくリサが速かった!このまま付いて行ったらダメになると思い、かと言って後ろも離れていたので逃げてやろうと思った」と今井。後方の與那嶺恵理(サクソバンクFX証券)と武田和佳(Liv)を寄せ付けずに2番手を走り続けます。

最終的にジェイコブスは45分08秒でフィニッシュ。今井が38秒差の2位に入り、3位には前日2位の與那嶺を振り切った武田が入りました。

HP_NOBEYAMA22

HP_NOBEYAMA24

HP_NOBEYAMA25

「どちらかと言えば昨日のハイスピードなコースが好きだけど、泥のあるテクニカルなコースも楽しいから好き。心強いメカニックもいたので安心して走ることが出来た。シケイン周りの盛り上がりも凄かったし、これまで走ったレースの中で有数の雰囲気だった」と、野辺山で連勝を飾ったジェイコブス。前年のイタリアチャンピオンに続いて、オーストラリアチャンピオンが野辺山を支配しました。

HP_NOBEYAMA34


UCI 女子エリートリザルト
1位 リサ・ジェイコブス(ラファ・フォーカス)          45’08”
3位 今井美穂(CycleClub.jp)                  +38”
3位 武田和佳(Liv)                       +1’10”
4位 與那嶺恵理(サクソバンクFX証券)              +1’32”
5位 豊岡英子(パナソニックレディース)              +2’17”

カテゴリー: 2015 | UCI 女子エリートリザルト&レースレポート(29日) はコメントを受け付けていません。

UCI 男子エリートリザルト&レースレポート(29日)

「6回目にしてようやく勝てた。6回目でようやくだ」。2013年から3年連続で来日しているザック・マクドナルド(ストリームラインインシュランスサービス)が、ウィリーでフィニッシュ後にそう笑いました。Raphaスーパークロス野辺山の日曜日UCI男子エリートレースを振り返ります。

HP_NOBEYAMA18-2

HP_NOBEYAMA18-3
引き続き好天に恵まれたUCIレース2日目。下がり始めた気温に慌ててジャケットを着込む観客たちに見守られながら、89名がスタートを切りました。前日(土曜日)の優勝者で全日本チャンピオンの竹之内悠(ベランクラシック・エコイ)は膝の違和感があったため翌週の全日本選手権を見据えてDNS。

レースは中原義貴(弱虫ペダルシクロクロスチーム)や横山航太(シマノレーシング)、山本幸平(トレックファクトリーレーシング)が積極的にリードする形で動き始めます。精鋭選手で構成された先頭パックの中からまず抜け出したのは「攻めのレースをして出し切って終わりたかったので、レース前半に抜け出した時はそのまま行ってしまおうと思った」という小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロス)でした。

HP_NOBEYAMA27

HP_NOBEYAMA18-4

HP_NOBEYAMA29

小坂光を追う横山や山本、ベン・ベルデン(Wcupスタンパー)の中からレース中盤に抜け出したのはマクドナルド。泥区間で一気に仕掛けたマクドナルドが小坂光に追いつき、しばらく先頭2名で周回をこなします。

「急激に気分が悪くなった昨日よりもずっと体調が良くて、標高の高さを感じることなく周りの状況をしっかり確認しながら走ることが出来た。ライバルを一気に突き放すようなアタックはできないものの、テクニカルなセクションで前に出て、少しずつギャップを広げるスマートな走りに徹した」というマクドナルドが残り2周を残して先行を開始。バニーホップでシケインを越え、小坂光を置き去りにしたマクドナルドが最終周回を単独で駆け抜けました。

HP_NOBEYAMA28

HP_NOBEYAMA30

HP_NOBEYAMA31

最後は観客とハイタッチし、ウィリーでフィニッシュしたマクドナルド。「初年度(2013年)は風邪をひいて全く話にならず、2年目(2014年)はメカトラでチャンスを失い、3年目の今年つまり6回目の挑戦でようやく勝てて凄く嬉しい」と咳き込みながら笑顔を浮かべます。出場3年目で野辺山の優勝カウベルを手にしました。

HP_NOBEYAMA32

HP_NOBEYAMA33

山本を振り切った小坂光は小さくガッツポーズして2番手でフィニッシュ。「舗装路ではマクドナルド選手がそれほど速いと感じなかったものの、テクニックで差がついてしまった。後ろから山本幸平選手が近づいているのは知っていましたが、意地でも負けたくないという気持ちで走りました。野辺山で表彰台に上ることが出来て、全日本選手権を前に納得いく走りが出来たので良かった」と小坂光は語っています。

HP_NOBEYAMA35


UCI 男子エリートリザルト
1位 ザック・マクドナルド(ストリームラインインシュランスサービス)59’03”
2位 小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロス)            +08”
3位 山本幸平(トレックファクトリーレーシング)           +13”
4位 横山航太(シマノレーシング)                  +33”
5位 沢田時(ブリヂストンアンカー)                +1’13”

カテゴリー: 2015 | UCI 男子エリートリザルト&レースレポート(29日) はコメントを受け付けていません。

Raphaスーパークロス野辺山 2日目(日曜日)のフォトギャラリー公開

日曜日のUCI男子エリートレースをもってRaphaスーパークロス野辺山が終了!大会オフィシャルフォトグラファー辻啓が撮影した日曜日の模様を収録したフォトギャラリーを公開しました。土曜日のフォトギャラリーは1つ前の投稿をご覧ください。

Rapha Super Cross Nobeyama 2015 Day2

flickrフォトギャラリー”Rapha Super Cross Nobeyama 2015 Day2″(外部リンク)へ。

カテゴリー: 2015 | Raphaスーパークロス野辺山 2日目(日曜日)のフォトギャラリー公開 はコメントを受け付けていません。

Raphaスーパークロス野辺山 初日(土曜日)のフォトギャラリー公開

好天に恵まれ、白雪をまとった八ヶ岳をバックに開催されたRaphaスーパークロス野辺山1日目(土曜日)。大会オフィシャルフォトグラファー辻啓が撮影したフォトギャラリーを紹介します。

Rapha Super Cross Nobeyama 2015 Day1

flickrフォトギャラリー”Rapha Super Cross Nobeyama 2015 Day1″(外部リンク)へ。

カテゴリー: 2015 | Raphaスーパークロス野辺山 初日(土曜日)のフォトギャラリー公開 はコメントを受け付けていません。

UCI 女子エリートリザルト&レースレポート(28日)

金色と緑色のオーストラリアナショナルチャンピオンジャージが野辺山を快走。前日に日本入りしたことを感じさせないフレッシュな走りでリサ・ジェイコブス(RAPHA FOCUS)がUCI女子エリートレースの頂点に立ちました。

HP_NOBEYAMA01

ジェイコブスを迎え撃ったのは、全日本チャンピオンの豊岡英子(パナソニックレディース)や、前週のUCIレースを制した與那嶺恵理(サクソバンクFX証券)、今シーズン好調の今井美穂(CycleClub.jp)をはじめとする日本のトップシクロクロッサーたち。しかしレースは開始直後からオーストラリアチャンピオンがリードを奪います。

HP_NOBEYAMA02
HP_NOBEYAMA03

「スタートしてすぐ周りの日本人選手が速いと感じたので、自分もペースを上げた」というジェイコブスが先頭を快走。テクニックとパワーが要求される野辺山の2.5kmコースで後続とのタイム差を広げていきます。

「昨年の写真を見てきっと今年も泥のレースになるんだろうなと予想していたものの、ほぼドライな状態だったのでバイク交換の必要もないほどだった」というジェイコブスが平均スピード20.7km/hで優勝。後続を1分以上引き離す圧勝でした。

HP_NOBEYAMA05

HP_NOBEYAMA06

「今回初めて野辺山を走ったけど、観客の声援の大きさや会場の雰囲気の良さは予想外。楽しみながら走ることが出来た」と、フルタイムの弁護士として働く傍ら3度のオーストラリア選手権制覇を果たしているジェイコブスは笑顔で語りました。

ジェイコブスの後方では與那嶺と今井が2位争いを繰り広げ、地脚の強さを見せた與那嶺が先着。3位の今井とともに表彰台に上がっています。

HP_NOBEYAMA04

HP_NOBEYAMA07

HP_NOBEYAMA11


UCI エリート女子リザルト
1位 リサ・ジェイコブス(ラファ・フォーカス) 44’10”
2位 與那嶺恵理(サクソバンクFX証券)     +1’12”
3位 今井美穂(CycleClub.jp)        +1’37”
4位 豊岡英子(パナソニックレディース)     +2’31”
5位 武田和佳(Liv)              +2’48”

カテゴリー: 2015 | UCI 女子エリートリザルト&レースレポート(28日) はコメントを受け付けていません。

UCI 男子エリートリザルト&レースレポート(28日)

「良かった。本当に良かったです」と話したのは先頭でフィニッシュラインを切った竹之内悠(ベランクラシック・エコイ)。肉離れによってヨーロッパ遠征を切り上げて帰国した全日本チャンピオンが、Raphaスーパークロス野辺山の舞台で煌めく走りを披露しました。

HP_NOBEYAMA08

すっかり雪化粧した八ヶ岳に太陽が向かい始めた土曜日の午後2時45分、大会初日の最後を飾るUCIエリート男子レースがスタート。73名の中から飛び出したザック・マクドナルド(ストリームラインインシュランスサービス)が主導権を握って序盤の周回を重ねましたが、「標高の影響で急に気分が悪くなった」ために失速。ペースを落として数周回をこなしたマクドナルドでしたが、その後のパンクによって完全に戦線から離脱してしまいます。

HP_NOBEYAMA09
HP_NOBEYAMA10

マクドナルドに代わってレースをリードしたのは竹之内でした。「小坂光選手と一緒に走っていたんですが、その後ろの選手たちが近づいていたので、力の差を見せつけたくてアタックした」という竹之内が一気にペースを上げて先頭へ。小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロス)が食らいつきますが、両者の距離は周回を重ねるごとに開いていきます。

HP_NOBEYAMA12
HP_NOBEYAMA13

「キャリアの中で最悪のスタートだった」というベン・ベルデン(WCupスタンパー)が、「レース序盤はまだシクロクロスバイクに乗れていなかった」という山本幸平(トレックファクトリーレーシング)とともに追撃。やがてベルデンと山本は最終周回を前に小坂にジョインしますが、先頭の竹之内とのタイム差は20秒。全日本チャンピオンがそのまま観客とハイタッチしながら独走でフィニッシュしました。

HP_NOBEYAMA14
HP_NOBEYAMA15

帰国後はローラー台でのトレーニングしかこなせず、前日の試走で久々に野外のライドを行ったという竹之内が優勝。試走でも痛みが再発し、朝の時点でもスタートするのか迷っていたものの、「スタッフとの連携も含めて、全日本選手権のリハーサルのためにも走っておきたかった」という竹之内が、痛みを感じることなく1時間を超えるレースを走りきりました。

「怪我を契機に、ペダリングを一から見直しました。クランクの長さも変更し、どうすれば自転車に乗れるのかという地点から再スタート。その変更が良い形であることを確認できたので、ここから身体を作っていけば明日のUCIレースや全日本選手権、世界選手権でも良い走りが出来ると思う」と、竹之内は不安を抱えていたフィジカルに自信を得た様子です。

最終周回にかけて熾烈さを増したのは2位争い。小坂光の脱落とともにベルデンと山本の一騎打ちに。山本が持ち前のパワーで先行しますが、テクニックで勝るベルデンがスプリントで差し込んで先着しました。

HP_NOBEYAMA16
HP_NOBEYAMA17


UCI 男子エリートリザルト
1位 竹之内悠(ベランクラシック・エコイ) 1h05’00”
2位 ベン・ベルデン(WCupスタンパー)     +21”
3位 山本幸平(トレックファクトリーレーシング)
4位 小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロス)  +25”
5位 沢田時(ブリヂストンアンカー)      +1’34”

カテゴリー: 2015 | UCI 男子エリートリザルト&レースレポート(28日) はコメントを受け付けていません。

Rapha Super Cross NOBEYAMA 2015 の一日目、AJOCCCカテゴリーのリザルトを掲載します。

Rapha Super Cross NOBEYAMA 2015 の一日目、AJOCCCカテゴリーのリザルトを掲載します。

AJOCCカテゴリーリザルト(C4,C3,C2,SS,CMd,CL) PDFファイル

以下の点にご留意ください

  1. Lapタイムはご参考です。(データを補正している関係で正しくありません)
  2. SSの4位以下はご参考です。
カテゴリー: 2015 | Rapha Super Cross NOBEYAMA 2015 の一日目、AJOCCCカテゴリーのリザルトを掲載します。 はコメントを受け付けていません。

UCIレースのエンロールメントリストを公開します

土日両日のUCIレース男女のエンロールメントリストを公開します。

11月28日(土)

UCI WOMEN

UCI MEN

11月29日(日)

UCI WOMEN

UCI MEN

カテゴリー: 2015 | UCIレースのエンロールメントリストを公開します はコメントを受け付けていません。

美味しいシクロクロスを野辺山で! 飲食ブースを紹介します

Rapha スーパークロス野辺山の会場を彩るのが、日本各地から集まる飲食ブース。ここに一挙にご紹介します。

大会をホストする地元、南牧村の商工会青年部は地元の野菜をたっぷり使った星空カレーを、商工会女性部は豚汁にホットワイン、ホットココアをご用意。さすがは地元、寒いこの季節に嬉しいフードが勢ぞろいです(日曜日はさらに、南牧村の愛育班がキャラメルポップコーンを販売します)。どうぞ吹き抜けのブースエリアへ。

東京・千駄ヶ谷の盆栽自転車店カフェではホットコーヒー、ダブルチョコマフィン、ブラウニーをご提供。自身もサイクリストのバリスタ、ナツキさんが入れるコーヒーでほっと一息ついてみてはいかがでしょうか。

スクリーンショット 2015-11-27 10.07.45

九州は久留米からコーヒーを伴っての出店は、COFFEE COUNTY(コーヒーカウンティー)。野辺山限定のブレンド、「MUDDY BANKS BLEND」の販売に要注目です。(写真は昨年のもの)

creA(クレア)のイチオシは濃厚ブラウニー。焼き菓子、キッシュ、ホットアップルパイ、ホットショコラといったスイーツをお楽しみいただけます。見た目にも美しい甘味をどうぞ。

382088_134621816693102_460883962_n

愛知は名古屋からお越しのEARLYBIRDS BREAKFAST(アーリーバーズブレックファースト)は今年で3回目の出店です!ホットドッグとスープといった体の温まるメニューをご用意。アメリカンブレックファーストの味をぜひお楽しみください。

兵庫県姫路市のease cafe(イーズカフェ)は自家製のクラフトコーラを持ち込みます。ハンドメイドのコーヒー、気になりますね。さらにホットコーヒーもご用意しているそうです。

11223892_769414826524563_2309205423552562748_n

シュワシュワドリンクというと、やっぱりビールも忘れられません。大阪のブリュワリー「Marca」(マルカ)では、各種クラフトビールを提供いたします。お車の運転のないライダーは、レース後にどうぞ。レース観戦派は片手にビールのベルギースタイルでお楽しみください。

シクロクロスレース会場でお馴染み、名古屋のBUCYOcoffee.CLT(ブチョーコーヒーCLT)は、コーヒーと焼き菓子を販売します。ネルドリップコーヒーや小倉カイザートースト、トマトクリームパスタ、カツサンド、シュトーレンやマフィン、サバサンドなど充実のメニューでみなさまのお越しをお待ちしております。

スクリーンショット 2015-11-27 10.16.40

福島を拠点に日本とヨーロッパをつなぐ輸出入事業とレストラン事業を展開している株式会社ニックファンズ。「ヨーロッパのライトフードをメインにレーサーの活力となる食べ物をご提供したい」との言葉通り、ジャーマンドッグやベルギーワッフル、ノンアルコールホットカクテルなどが販売されます。

関西シクロクロスでお馴染み、タベルナ・エスキーナは大阪からキッチンカーでやってきて、フライオーバー手前に停車予定。タイカレー、揚げたてチュロス、燻製手羽先、その他ホットアルコール類などなど、サイクリストをうならせてきたメニューがここに。野辺山には初回からお越しいただいている常連さんでもあります。

ぜひぜひ、レースの合間に、観戦のお供に、野辺山で美味しいシクロクロスをお楽しみくださいね!

カテゴリー: 2015 | 美味しいシクロクロスを野辺山で! 飲食ブースを紹介します はコメントを受け付けていません。

洗車に関しての大事なお願い

いよいよ明日に迫ったRapha スーパークロス野辺山。ここで参加されるレーサー、選手を支えるピットクルーのみなさまに、洗車に関しての大切なお願いです。

泥となることの多い野辺山では、大勢の参加者の方が洗車に並びます。会場の滝沢牧場でも例年あの手この手で準備を尽くしておりますが、毎年最終レースとなるUCIレースの時点で貯蔵の水が少なくなり、競技進行のうえで難儀しております。

そこで今年は、すべてのカテゴリーに参加されるシクロクロッサーのみなさんにお願いです。洗車場、洗車機などについて、下記事項にご留意いただきますようお願いいたします。

・ピット側の洗車場は、レース中のみの使用とする(全カテゴリー)。
・ただしこのピット側の洗車場は、UCI ピットパスを所持する者はいつでも使用できる。

・レース後に洗車するための水は、立体交差横の「ため水」を用いるか、会場内に設置されている洗車機をご利用ください。
・なお多くの人が水をきれいに使用できるよう、この「ため水」へのバイクのドブ漬けは禁止します。バケツなどに汲み上げてからの洗車をお願いします。
・設置されている洗車機をご利用の際は、一台につき30秒を利用時間の目安としてください。

・洗車機をお持ち込みの場合、水場に電力がございませんのでバッテリー内蔵のものをお持ちください。
・また、蛇口の使用ができませんので、蛇口接続の洗車機はご利用いただけません。あらかじめご了承ください。
・そのため、洗車機にはポンプ機能(汲み上げ機能)がついたものをお持ち込み下さい。

・レース中は、ピット側に貯水タンクがありますので、そこからも水を汲み上げることが可能です。

以上、レースを、イベントを作るためにみなさまのご協力をお願いいたします。

カテゴリー: 2015 | 洗車に関しての大事なお願い はコメントを受け付けていません。