2月11日(祝)ツンドラカップ2014 #2 開催!

毎度突発告知で恐縮です。
2月11日(火・祝)に野辺山ツンドラカップを開催します!

週末の大雪が作り上げたグッドコンディション、魅惑のスノークロスを堪能してみませんか?
人数が一定数集まれば、今回は初めてミックスアップリレーを開催予定。
その日初めて会ったライダーとチームでリレーエンデューロを走ります。

694C6072
photo:Hideyuki Suzuki

いつも通りのタイムトライアルやクリテリウムなど、楽しめることはなんでもする!の精神でツンドラカップは運営されます。
ぜひ、お越し下さい。

スノーCXクリテリウム&TT 野辺山ツンドラカップ2014 #2

会場:八ヶ岳グレイスホテル横特設スノーサーキット
日時:2月11日(火・祝)10:00-会場オープン・試走 10:30ごろ〜 競技説明
会場地図:http://goo.gl/maps/FFF2x (緑の矢印が会場です。)
駐車場:会場内(満車の場合はグレイスホテル駐車場をご利用ください)
参加費:2,000円

※先日の大雪で路面はスタッドレスタイヤやチェーンが必須なコンディションです。お越しの際はくれぐれもご注意を!
※標高は1300mです。防寒対策はしっかりと!

主催はRapha Japan

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2013 | コメントは受け付けていません。

野辺山シクロクロス2014は11月29日(土)・30日(日)に開催です!

野辺山シクロクロス2014の開催日程が正式に決定し、UCIサイトでも発表されました(Seasonは2015を、Categoryは All International Competitionsを選択してください)

野辺山シクロクロス2014は2013年大会と同様に2日間の開催、両日ともUCIレースを開催します。参加するのも観戦するのも運営するのも(!)楽しい野辺山シクロクロス、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております!

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2014 | コメントは受け付けていません。

野辺山ツンドラカップ2014 #1フォトレポート

突発的開催告知にも関わらず、2014年最初のツンドラカップには8名もの好き者(失礼!)シクロクロッサーが集まってくれました。
個人タイムトライアルあり、ショートコースでのクリテリウムあり、ラインレースありと盛りだくさんでしたが、
暖かな太陽の光にも恵まれて(氷点下しらず!)、無事に終了しました。

手作り運営の小規模なイベントですが、こうしてライドを愛するシクロクロッサーのみなさんがいるからこそ、面白い場所と機会を今後も創り続けていきたいと思ったのでした。

どんな様子だったかは、写真でご覧くださいね。

野辺山ツンドラカップ2014 #1フォトギャラリー

11905430856_c0a6b3c938_b

11905000964_0b62ed5148_b

11904563865_5ff416b364_b

11904562225_aca8295525_b

個人TTリザルト 2周総合タイム
1. TAKAKURA 0:05:52
2. SATO 0:05:57
3. KANETA 0:07:09
4. TAKEDA 0:08:46
5. EKUNI 0:09:17
6. SHIMIZU 0:09:56
7. SUZUKI 0:09:57
8. IKEDA 0:10:12

(敬称略、悪しからず!)

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2013 | コメントは受け付けていません。

1月12日(日) 野辺山ツンドラカップ2014 #1 開催決定!

シクロクロスファンのみなさま、ご無沙汰をしています。
そして今年も突発的にツンドラカップを開催します。

DSC_3164

1月12日(日)に2013-14シーズン最初のツンドラカップの開催決定!
グラスルーツでインディーズな、シクロクロスイベント。
その最大の特徴は雪の上だけを走ること。特設のスノーサーキットで、タイムトライアル、クリテリウムなどなど、めいっぱいシクロクロスを満喫できます。
昨年の大会の模様は、シクロワイアードにて取材していただきました

DSC_3139
※1月10日の試走でのコースコンディションは最高!

コーナーリングやトラクションコントロールの技術向上にも最適。
ここ野辺山でしか味わえない、最上のスノーシクロクロスを楽しんでみませんか?
翌日には信州シクロクロス第9戦 清里大会が控えており(両会場は車で10分です)、1泊での連戦も可能です。
雪の上はバイクも汚れません。(結構重要)そしてAJOCCレースの清里も雪の上のレースになるでしょう。
ツンドラでフィーリングを掴んで、ガチンコのレースを走ってみはいかがでしょう?

スノーCXクリテリウム&TT 野辺山ツンドラカップ2014 #1

会場:八ヶ岳グレイスホテル横特設スノーサーキット
日時:1月12日(日)10:00-会場オープン・試走 10:30ごろ〜 競技説明
会場地図:http://goo.gl/maps/FFF2x (緑の矢印が会場です。)
駐車場:会場内(満車の場合はグレイスホテル駐車場をご利用ください)
参加費:2,000円

※国道にも日陰には積雪が確認できる箇所があります。スタッドレスタイヤ装着、もしくはチェーンを持ってお越しください。
※会場すぐ隣のグレイスホテルには日帰り大浴場があります。
※標高は1300mです。防寒対策はしっかりと!

主催はRapha Japan

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2013 | コメントは受け付けていません。

野辺山シクロクロス2013 メディア情報

たくさんのご参加に加え、たくさんのご取材をいただいたRapha野辺山高原シクロクロスレース2013。
ここでは熱意とシクロクロスへの愛情をもって撮って書いて表現してくださった記事をご紹介します(随時追加)

シクロワイアード/Cyclowired.jp

サイクルスポーツ情報ステーションのシクロワイアードはシクロクロスの情報も充実していることでお馴染み。野辺山シクロクロスを、総力を挙げて取材してくださいました。その記事数なんと8本!

野辺山シクロクロス2013土曜日 竹之内悠、豊岡英子、横山航太が野辺山初日のUCIレースで勝利
野辺山シクロクロス2013日曜日 土日で2000人動員の野辺山CX 竹之内、豊岡、横山が連勝を飾る
野辺山シクロクロス UCIエリート男子・女子・U23 ムービー
野辺山シクロクロス2013レースダイジェスト 総勢968名エントリーの野辺山CX 各カテゴリーをダイジェストで
野辺山シクロクロス2013シングルスピード 仮装にコスプレで泥を熱く走る、爆笑シングルスピードクラス
野辺山シクロクロス2013インタビューvol.1 「仲間に楽しかったって伝えてほしい」滝沢牧場の”大将”に聞く、野辺山シクロクロスの裏側
野辺山シクロクロス2013インタビューvol.2 「「周辺諸国の手本となるレースだった」チェコ人コミッセールが見た野辺山シクロクロス
日本のシクロクロスを走った全米2位のマクドナルド「主催者の熱意を感じた」

CYCLESPORTS.JP/サイクルスポーツ.jp

お馴染み自転車雑誌のサイクルスポーツのweb部門、CYCLESPORTS.JP/サイクルスポーツ.jpでも速報記事をアップしてくださいました。
誌面では12月20日売りの号で紹介されるはずです!

今年も泥、泥、泥がパワーアップ! 野辺山シクロクロス2013
野辺山シクロクロスのエリート男子は2日間とも竹之内が優勝!

産経Cyclist

昨年に続き、あらゆる自転車情報を配信する産経Cyclistにもご取材いただきました。

エリート男子は竹之内悠、女子は豊岡英子が勝利 「野辺山シクロクロス」初日
エリート男子は竹之内、女子は豊岡が2日間完全勝利 「野辺山シクロクロス」仮装レースも開催

カウベルの音が響いた「野辺山シクロクロス」会場の熱気 泥と汗にまみれて走る選手を応援

BiCYCLE CLUB/バイシクルクラブ

自転車雑誌のバイシクルクラブは速報をFacebookページにアップ。シクロクロスの特集に熱心で、ツンドラカップもご取材いただいた「バイクラ」、やりこちらも誌面が今から楽しみです!

バイシクルクラブ Facebookページ

NHK チャリダー★

会場でテレビカメラがたくさん入っていたのに気づかれていた方も多いのではないでしょうか?誰にでもわかりやすい自転車ガイドでありながら、コアな部分もきっちり抑えるNHK BSの自転車番組「チャリダー★」が野辺山シクロクロスを取材。大会の模様はもちろん、大会オフィシャルフォトグラファーの辻啓の密着レポートも入るそう。様々な角度から野辺山シクロクロスを浮かび上がらせます。直近では11月29日(金)20:00から放送します。野辺山シクロクロスの放映は12月末とのことですが、今からチェック!

NHK チャリダー★公式サイト

CYCLOVISION

信州シクロクロスのオフィシャルでもあるフィルムメーカー、CYCLOVISIONからはもちろん動画が。現在は16日のU23の模様がアップされています。

CYCLOVISION(信州シクロクロス公式サイト内)

Kasukabe Vision FILMz

シクロクロスの膨大な写真撮影で知られるKasukabe Vision FILMzのこだわりは、「生脚+シクロクロスバイク」参加ライダーには嬉しい写真の数々は、記事下Flickrのリンクから。

野辺山シクロクロス 2013

信州ふぉとふぉと館

信州開催のレースを中心に、やはり膨大な写真アーカイブで観る人を楽しませる信州ふぉとふぉと館。

2013-14信州クロス 野辺山
2013-14信州クロス 野辺山シクロクロス
写真の一覧はこちらから入れます

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2013 | コメントは受け付けていません。

野辺山シクロクロス2013、みなさんのブログエントリーをご紹介

Rapha野辺山高原シクロクロスレースが終わってはや一週間。
会場で感じたことを言葉にして発信してくださる参加者・観戦者のみなさんこそが、レースの財産です。
偽らざるみなさんの言葉を、それぞれの「野辺山」を秋の夜長にいかがですか?

<プロ選手ブログ>

UCIレースを走ったトップ選手のブログエントリーをピックアップ。国内随一のレベルとなるシクロクロスレースで選手は何を思ったのか。
Elite Men
竹之内悠選手のブログ
山本和弘選手のブログ
宮澤崇史選手のブログ
池田祐樹選手のブログ
Elite Women
豊岡英子選手のブログ
U23
沢田時選手のブログ
前田公平選手のブログ

<参加ライダーのブログ>

MotzFixed
Flag Used Clothing
キクミミモータース
しゅがぁー日記
筧太一のトレーニング日記
ちらしのうら
チャリケン理事長のクイコミブログ
BLUE LUG BLOGGED
tklog

<メーカー・自転車関係者ブログ>
Toyo Frame(竹之内悠選手サポート)
Above Bike Store
…& Bicycle
BIKE LOOP
Bicycle Studio MOVEMENT
Circles
盆栽自転車店ブログ

<観戦を楽しんだ方々のブログ>
サイクリング日誌
ミユキ自転車
ヨシダの盆栽

@toshikisatoさんによる叙情的なムービーを最後にご紹介

#nobeyamacx 2013 from Toshiki Sato on Vimeo.

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2013 | コメントは受け付けていません。

会場にお忘れ物はありませんか?

激闘を終えた野辺山シクロクロスの会場、滝沢牧場にはライダーたちの忘れ形見。
会場への忘れ物をご案内致します。

これは自分のものだというものがありましたら、japan[a]rapha.cc までその旨メールをお送りください。([a]をアットマークに。)
確認後、着払いにて発送いたします。

image_1

image_2

image_3

image_4

image

image_1

image_2

image_3

image_4

image

image_1

image_2

image_3

image_4

imageimage_1

image_2

image_3

image

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2013 | コメントは受け付けていません。

UCI-2 Elite Menショートレポート(17日)

他のUCIカテゴリーのレースと同じく、やはり昨日魅せた選手たちが今日もテクニックとスピードで慣習を魅了。
先頭に躍り出た竹之内悠(Colba Superano-Ham)が独走を続ける。

やはり昨日同様に単独2位に躍り出たのは山本和弘(cannondale championsystem)で、その後ろでは丸山厚(JP Sports Test TEAM MASSA-ANDEX)と小坂光(Utsunomiya Blitzen CX team)がデッドヒート。

安定感のある走りを見せた竹之内が2日で2連勝。そして大会4連覇を達成した!

nobeyama201302l54

nobeyama201302l65

nobeyama201302l74

nobeyama201302l80

nobeyama201302l85

Elite Menリザルト

エリート男子(10周回)
1位 竹之内悠(Colba Superano-Ham)         1h02’33″(Ave.24.07km/h)
2位 山本和弘(cannondale championsystem)       +08″
3位 丸山厚(JP Sports Test TEAM MASSA-ANDEX)    +1’18″
4位 小坂光(Utsunomiya Blitzen CX team)       +1’45″
5位 小坂正則(SUWAKO RACING TEAM)           +2’07″
6位 島田真琴(SHIMANO DRINKING)            +2’44″
7位 武井きょうすけ(Team Forza!)            +3’51″
8位 合田正之(cycleclub3UP)              +4’23″
9位 飯塚隆文(SUWAKO RACING TEAM)          +4’33″
10位 中間森太郎(TEAM edco CYCLOCROSS with giro) +4’53″

photo:Kei Tsuji/nobeyamacyclocross.cc

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2013 | コメントは受け付けていません。

UCI-2 U23ショートレポート&リザルト(17日)

やはり前日と同じメンバーでの争いとなったU23。
スタートしてからは横山航太(Shinonoi High school)、沢田時(TEAM BRIDGESTONE ANCHOR)、前田公平(TEAM SCOTT)のパックでレースが展開。

最終周回へ入るところでアタックをかけた横山がそのまま逃げ切り優勝。沢田と前田の2位争いは沢田に軍配。昨日と同じ順位のポディウムとなった。

nobeyama201302l40

nobeyama201302l42

U23リザルト(17日) 

U23(8周回)
1位 横山航太(Shinonoi High school)         51’29″(Ave.23.42km/h)
2位 沢田時(TEAM BRIDGESTONE ANCHOR)        +0’07″
3位 前田公平(TEAM SCOTT)                +0’10″
4位 中井路雅(Kyoto Sangyo University)       +1’16″
5位 小橋勇利(Ehime Cycle Fed.)            +1’27″
6位 山田誉史輝(DIRTFREAK/LITEC)           +1’28″
7位 中原義貴(Cannondale)                +2’05″
8位 木村吉秀(IWAI Shokai RacingTeam)        +2’23″
9位 重田兼吾(TeamCUORE)                +2’29″
10位 村山優弥(SUWAKO RACING TEAM)          +4’54″

photo:Kei Tsuji/nobeyamacyclocross.cc

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2013 | コメントは受け付けていません。

UCI-2 Womenショートレポート&リザルト(17日)

迎えた大会2日目は、昨日のラインナップに加えパナソニックレディースの新星、坂口聖香が参戦。全日本選手権と見まがうほどの選手が集まった。

レースは昨日同様、終始豊岡のペースで展開。2位の宮内佐季子(CLUB viento)が追いすがるが届かない。
坂口聖香が3位に入り、パナソニックレディースがシクロクロスにおけるその強さを見せた大会2日目となった。

Women

nobeyama201302l47

nobeyama201302l48

Women1

Elite Womenリザルト

エリート女子(6周回)
1位 豊岡英子(Panasonic Ladies)           43’47″(Ave.20.69km/h)
2位 宮内佐季子(CLUB viento)              +0’20″
3位 坂口聖香(Panasonic Ladies)           +0’52″
4位 與那嶺恵理(Team Forza!)              +1’27″
5位 今井美穂(CycleClubjp)               +1’55″
6位 相野田静香(CLUB GROW DIRTFREAK)         +2’06″
7位 武田和佳(ARAI MURACA)               +4’24″
8位 坂口楓華(Panasonic Ladies)            +6’06″
9位 川崎路子(CLUB viento)               +6’56″
10位 上田順子(BC.ANELLO)                +8’09″

photo:Kei Tsuji/nobeyamacyclocross.cc

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2013 | コメントは受け付けていません。