UCI-2 U23ショートレポート(16日)

投稿者: | 2013年11月16日

日本のシクロクロス界を背負う23歳以下の選手たちによるレース。ここで獲得したUCIポイントが今後ワールドカップで走る際のスタート順に作用する、世界を見据える選手には重要なレース。

レースを出走したのは12人。来月ワールドカップを走ることが決まっている沢田時(ブリヂストンアンカー)、地元長野の横山航太(篠ノ井高校)、昨年の世界選手権U23日本代表選手の前田公平(Team SCOTT)の3人が序盤から先頭グループを形成。

10882154036_e0f78befb5_b

10882102235_39139c21d4_b

シケインをバニーホップで越える見せ場を作った前田だが、残り2人のペースに耐えきれず脱落。勝負は一騎打ちに。

10882393843_df133c19e3_b

10882106976_73b7918b5a_b

マッチレースのスプリントを制したのは横山。熱いぶつかり合いに会場がわき上がった。

UCI U23リザルト(16日)
1位 横山航太(Shinonoi High school)         52’02″(Ave.23.18km/h)
2位 沢田時(TEAM BRIDGESTONE ANCHOR)        +0’03”
3位 前田公平(TEAM SCOTT)                +1’33”
4位 中原義貴(Cannondale)                +2’02”
5位 山田誉史輝(DIRTFREAK/LITEC)           +2’09”
6位 木村吉秀(IWAI Shokai RacingTeam)        +2’29”
7位 重田兼吾(TeamCUORE)                +2’30”
8位 小橋勇利(Ehime Cycle Fed.)            +2’32”
9位 中井路雅(Kyoto Sangyo University)       +3’57”
10位 村山優弥(SUWAKO RACING TEAM)          +5’15”

カテゴリー: 2013